ブリーダーに関する情報が満載!

動物達のパートナー

子犬選びの時はブリーダーも訪ねてみよう

ブリーダーとは、動物の繁殖及び改良に従事する人の事を言います。
ペット用の動物を販売目的で繁殖させている業者と、産業動物の繁殖を手がけている業者がありますが、日本では、ペット用としての犬の繁殖を手がけている方が多いです。
犬のブリーダーの場合、家庭的な環境の中でのびのび繁殖させ健康的な子犬の販売を主としている業者から、コンテストで入賞するような犬種を人為的に選択し繁殖させる業者、大規模に飼育し企業規模で繁殖させているような業者もいます。
ブリーダーから子犬を購入する場合、ペットショップから子犬を購入する場合と異なり、親犬や兄弟犬を見て購入を決める事ができる、というメリットがあります。
親犬や兄弟犬と一緒にいる所を見る事で、どんな性格なのか、どのくらい大きくなるのか等が判ります。
また、一般的にペットショップよりも安価に購入できる場合が多いです。
さらに特定の犬種を専門的に繁殖させている場合が多いため、経験と知識が豊富で、購入時はもちろん、購入後もいろいろと相談にのってくれる業者もいます。
ペットショップと違って、子犬は購入者に引き渡される直前まで、親犬と一緒にいるので、子犬にとって精神的にも肉体的にも負担が少ないと言われています。

動物の繁殖や改良を行なう「ブリーダー」

動物の改良や繁殖に従事する人を「育種家」または「ブリーダー」と言います。
大きく2種類に分けることが出来、産業動物の繁殖を行なっているケース、そしてペットとして販売する動物を繁殖しているケースが挙げられます。
日本においてはペットとして販売する動物を繁殖している人たちを意味する言葉として使用されることが多いです。
動物を数頭のみ抱える小規模な場合と、組織的に繁殖等を行なっている大規模なものまで様々な形態が存在します。
近年ではペット産業が拡大していることを受け、ネット通販でもペットを購入することが可能となっており、ペットショップだけでなく動物の取次業の登場等、販売に関しても多様化しています。
「ブリーダー」の職に就くことを希望する場合、学歴や年齢は不問であることが一般的であることから、多くの人にチャンスがあり、門戸が開かれている職業でもあります。
ただ、業務を遂行する上では、動物愛護法にある動物取扱業の規則に沿って、保健所に動物取扱業の届出をすることが必須です。
また、学歴や年齢不問といえども、ブリーダー業界へ就く場合には、高卒以上としている企業が多く、専門学校や通信講座等を利用して専門・基礎知識やノウハウを身につけておいた方が後々の業務に活きて来る、理解も早まる等と言われています。

recommend

雑誌に取り上げられる実力派サロン。

吉祥寺 ネイルサロン

2015/6/1 更新

↑TOP PAGE